本文へ グローバルナビゲーションへ ローカルナビゲーションへ

一般社団法人 日本ALS協会

お知らせ

ALS基金研究奨励金の交付実績のお知らせ

平成27年度までのALS基金による「研究奨励金」の交付実績と選考委員をお知らせします。
ALS基金による研究奨励は若い研究者の育成や先進的なALS原因究明や治療研究の促進に有効であると、大学等の研究機関から評価されています。
また、患者の看護・介護環境の向上のための研究、現在実用されている意思伝達装置や痰の自動吸引装置の開発など、患者家族の療養環境の改善にも役立っています。

平成8年度~27年度のALS研究奨励金
  総件数107件 総額7,688万円
  ・ALS原因究明・治療法の研究:55件 5,351万円
  ・ALS福祉機器開発、介護向上の研究:52件2,337万円
   *詳細は添付「ALS基金研究奨励金交付履歴(H8~H27年度)」を参照下さい。

ALS基金研究奨励金 交付履歴(H8~H27年度)

ALS基金研究奨励金選考委員(H27年6月現在、11名、50音順)

石松 隆和  長崎大学大学院工学研究科 教授
糸山 泰人  国際医療福祉大学 副学長
岡本 幸市  公益財団法人 老年病研究所 所長
木村 格  厚生労働省保険局社会保険審査会 委員
葛原 茂樹  鈴鹿医療科学大学保健衛生学部医療福祉学科 特任教授
近藤 清彦 公立八鹿病院 副院長 脳神経内科部長
佐々木 彰一 東京女子医科大学医学部神経内科学 准教授
祖父江 元  名古屋大学大学院医学系研究科神経内科 教授
田中 栄一  (独立行政法人)国立病院機構八雲病院 作業療法士
中板 育美  (公益社団法人)日本看護協会 常任理事
林 秀明  東京都立神経病院 元院長